受け取るまでの流れ

給付金実際にB型肝炎の給付金を受け取るための流れについて教えましょう。基本的には弁護士に相談をする方が多いです。国を相手に訴訟をしなければならず、そのためにはいろいろな書類を準備しなければいけません。手続きもたくさんあり、裁判所とのやり取りもあります。これらを素人が行うのはなかなか難しいでしょう。そのため、まずは弁護士を探すところから始める方が多いです。

弁護士に相談をすることによって、自分が給付条件を満たしているかどうかが分かります。そして、実際に依頼をすればすべての作業を代行してもらうことができるため、何も心配する必要はないのです。

実際の流れとしては、まず訴訟をするための書類を集めることになります。これは自分がB型肝炎の給付金を受け取れる条件を満たしていることを示すためのものです。書類がきちんと用意されていなければ給付金を受け取れないため注意しましょう。書類を準備したならば、実際に訴訟の手続きをすることになります。裁判所と手続きをします。その後は裁判所が書類を確認して、給付条件を満たしていることを確認します。和解が成立して、後は給付金を振り込んでもらうだけです。このような流れで給付金を受け取ることができます。

給付条件

B型肝炎給付金は誰でも受けられるわけではありません。給付金を受け取るためには条件を満たしている必要があります。それは国の不手際によってB型肝炎に感染したことを証明することです。

まず一次感染者がいます。ある期間内に集団予防接種を受けたことがあり、それ以外に感染した原因がないことが条件となっています。したがって、B型肝炎の感染者は誰でも給付金を受け取れるわけではありません。あくまでも国に責任があることを証明しなければいけないのです。

母子感染また、B型肝炎というのは母子感染するものです。そのため、親が国のせいでB型肝炎に感染してしまい、それによって子供も母子感染してしまったならば、子供の方もB型肝炎給付金を請求する権利があるのです。こちらの場合は親が一次感染者であり、母子感染によってB型肝炎になってしまったことを証明しなければいけません。

証明するための方法としては、母子手帳や病院から請求する書類などがあります。また、感染者の遺族の方も給付金を受け取る権利があります。この場合は当人が亡くなっているのですが、遺族がB型肝炎に国のせいで感染したことを証明することになるのです。

裁判を通して給付金の手続きが進められるため、給付条件の確認はしっかりと行われるでしょう。最後に受け取るまでの流れについて説明します。

B型肝炎と給付金

感染症というものがあります。こちらはさまざまな原因からどんどん被害が広まっていってしまうものです。感染症に悩まされている方はたくさんいます。現在では感染症に対する理解が深まっており、さまざまな対策が行われるようになっているため被害は減っているのですが、つい最近まではまだまだ感染症への考えが甘くて、感染症が蔓延してしまったというケースも少なくなかったのです。

集団予防接種このような感染症の1つとしてB型肝炎というものがあります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染することによって発症してしまう可能性があります。かつて子供達の集団予防接種の際にB型肝炎の集団感染が長期間にわたって起きていたことがありました。これは注射器を使いまわししていたためです。現在の常識からするとありえないことが当時は行われていたのです。これは国の指導が不十分だったために起きたことであり、国に責任がありました。そのため、被害者が国を集団提訴して、その結果として給付金が支払われることになったのです。

条件を満たしているならば国に給付金請求訴訟をすることによって、給付金を受け取ることができます。こちらではB型肝炎の給付金訴訟に関する内容を紹介しましょう。給付金に関する法律が制定されているのですが、こちらは期限があります。そのため早めに訴訟をしなければ給付金を受け取ることができなくなってしまうでしょう。給付金請求訴訟をしたい方が知っておくべきことについてまとめました。続いては給付条件について説明します。