給付条件

B型肝炎給付金は誰でも受けられるわけではありません。給付金を受け取るためには条件を満たしている必要があります。それは国の不手際によってB型肝炎に感染したことを証明することです。

まず一次感染者がいます。ある期間内に集団予防接種を受けたことがあり、それ以外に感染した原因がないことが条件となっています。したがって、B型肝炎の感染者は誰でも給付金を受け取れるわけではありません。あくまでも国に責任があることを証明しなければいけないのです。

母子感染また、B型肝炎というのは母子感染するものです。そのため、親が国のせいでB型肝炎に感染してしまい、それによって子供も母子感染してしまったならば、子供の方もB型肝炎給付金を請求する権利があるのです。こちらの場合は親が一次感染者であり、母子感染によってB型肝炎になってしまったことを証明しなければいけません。

証明するための方法としては、母子手帳や病院から請求する書類などがあります。また、感染者の遺族の方も給付金を受け取る権利があります。この場合は当人が亡くなっているのですが、遺族がB型肝炎に国のせいで感染したことを証明することになるのです。

裁判を通して給付金の手続きが進められるため、給付条件の確認はしっかりと行われるでしょう。最後に受け取るまでの流れについて説明します。